アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

初めてでも安心!ヒートカッターでアンダーヘア処理

 

アンダーヘアの処理ってみんなどうしているのか気になりますよね?
ワキや足などのムダ毛と同様に、アンダーヘアも毛量や毛質は人それぞれですが、処理によっては痛みを伴ったり、チクチクと不快感があったり...。

 

そんな痛みや不安がなく、簡単にアンダーヘアの処理ができるのがヒートカッターです。
LCラブコスメの「アンダーヘアケアはじめてセット」のように通販でお手頃に購入できるヒートカッターなら、自宅で簡単に、こっそりアンダーヘアの処理が出来ちゃいますよ!

 

 

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

「アンダーヘアケアはじめてセット」とは?

 

LCラブコスメの「アンダーヘアケアはじめてセット」は、Vライントリマーと専用トリートメントの「シナヤカウォッシュ」がセットになったお得な商品です。

 

専用トリマーはコンパクトで使いやすく、1度に10本程度の処理ができます。
毛先を丸くカットするので、チクチクせずに初心者でも簡単にお手入れができます。

 

アンダーヘア専用のトリートメント「シナヤカウォッシュ」は、処理後の肌の保湿ができる嬉しい商品。
マンダリンオレンジ&ラベンダーの香りが癒しを与えてくれ、ふわふわのアンダーヘアに仕上げてくれます。

 

価格はトリートメント付きで5,524円(税別)。
通販で購入できるから、スマホで手軽に注文できます。

 

通販だと、配送時に家族に知られてしまう心配がありますが、LCラブコスメの商品は、商品名や送り主がわからないように発送してくれるんです。そんな心遣いも、年代問わずに使われている理由なのかもしれませんね。

 

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

今や常識!? アンダーヘアの処理は中学生から!

 

家族にも友達にも聞きにくい、下半身の問題。
なので、アンダーヘアの処理は大人になってからって思っている人が多いかもしれません。

 

でも、今は中学生からケアしている人が多いんですよ!

 

中学生のアンダーヘアケアが急増中!処理するきっかけは?

 

もう中学生からアンダーヘアの処理をしている事に驚く人も多いと思います。
しかし中学生といえば、部活や修学旅行などみんなと一緒に着替えたり、お風呂に入る機会が増え、段々とアンダーヘアの処理について気になってくる頃です。

 

アンダーヘアを処理し始めたきっかけを見てみると

 

1位 修学旅行や部活の合宿の着替えやお風呂で見られるから
2位 ショーツや水着からのはみ出し防止
3位 生理時の不快感、ムレ防止

 

といった理由。ここからも周りの目を気にしていることが分かりますね。

 

また、今の中学生はメイクをしたり、お洒落を楽しむ子も多いので、自分の見た目を綺麗にしたいと思う子が増えてきたという事も考えられます。
高校生になると「好きな人が出来てムダ毛や見た目を意識し始めて」と理由も増え、さらに多くの人がアンダーヘアの処理をしているようです。

 

「自分だけアソコが毛深いのでは・・・」「着替えの時、見えたら恥ずかしい・・・」そんな悩みがあるからこそ、自宅でこっそり処理できるヒートカッターが選ばれているのかもしれません。

 

アンダーヘア処理の正しい方法って?

 

意外にも、アンダーヘアの処理は約7割以上の女性がお手入れをしているという調査結果があります。海外ではアンダーヘアの処理は常識のようで、全剃りというのも普通のようですよ。

 

日本の場合は、ショーツからのはみ出しや生理時の不快感をなくす目的でケアすることが多く、処理する人のほとんどがVラインを処理して形を整え(中央は残す)、IラインやOラインは全処理することが多いそう。

 

処理する人の多くは中学生から何らかの方法でお手入れを始めているようなのですが、デリケートな部分だから情報が少なくて、間違った方法で自己処理してトラブルになることも多いんです。

 

 

アンダーヘアのケアには、「抜く」「剃る」の方法はいけません。
「抜く」「剃る」方法で処理すると、その後生えはじめたときの不快感がひどくなったり、肌を傷つけて腫れてしまったりなどのトラブルが起きて、最終的に色素沈着してしまうことも。

 

中学生くらいの年代だと、毛の量がまだ多くないので、ヒートカッターなどを使って、ヘアの長さを整える程度が、安全でキレイに見える良い方法なんです。

 

一番簡単な方法としてハサミがありますが、ハサミでカットすると毛先が鋭くカットされてしまうため、チクチクしたり、ショーツから突き出てしまったり、誤って肌を傷つけてしまう場合があります。

 

その点、ヒートカッターなら毛先を丸くカットしてくれるので、不快感が無くなり安全に処理ができます。

 

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

ムダ毛処理とアンダーヘアの処理方法は違います

ムダ毛の自己処理には大きく分けて5つあります。

 

1つ目はカミソリや電気シェーバーで「剃る」方法。
2つ目は除毛クリームなどで「溶かす」方法。
3つ目は脱色剤で「脱色」する方法。
4つ目は毛抜きや脱毛テープ、脱毛ワックスなどで「抜く」方法。
最後にハサミやヒートカッターで「切る」方法です。

 

これらの内、アンダーヘアの処理には「剃る」「抜く」「切る」の3つの方法が主に利用されています。
自己処理をはじめようというときには、それぞれのメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

「剃る」「抜く」「切る」アンダーヘアの自己処理のメリットとデメリット

 

それでは3つの処理方法のメリット・デメリットを比べてみましょう。

 

  • 1.「剃る」=カミソリ、電気シェーバー

メリット:手軽に出来る、処理時間が短い、低コスト
デメリット:脱毛頻度が多い、肌を傷付けやすい、乾燥肌になりやすい、毛が伸びるとチクチクして痛い

 

「剃る」場合はすぐに毛が伸びてくるので、自己処理頻度が多くなり、その分肌へ与えるダメージが多くなるので注意が必要です。

 

  • 2.「抜く」=毛抜き、脱毛テープ、脱毛ワックス、医療脱毛、脱毛サロン

メリット:次の毛が生えてくる間が長いので自己処理頻度が比較的少ない
デメリット:毛穴や皮膚を傷つけやすく黒ずみや色素沈着になりやすい、埋没毛・毛包炎・炎症など起こしやすい、抜く時に痛みが伴う、(毛抜き以外は)コストが高い

 

肌トラブルを一番起こしやすいのが「抜く」自己処理方法で、毛穴が目立つ原因にもなります。また、脱毛テープや脱毛ワックスはコストが毎回かかるので、費用がバカになりません。

 

医療脱毛や脱毛サロンの利用は、未成年者の場合は親権者の同意が必要です。さらに実際通うとなると決して安くはありません。脱毛が不要になるまで最低2〜3年はかかり、費用もその分かかってしまいます。

 

  • 3.「切る」ハサミ、ヒートカッター

メリット:手軽に出来る、処理時間が比較的短い、低コスト
デメリット:(ハサミやカミソリでカットする場合は)肌に触れるとチクチクする、ショーツから毛先が突き出やすい

 

ハサミやヒートカッターなら、低コストで肌を傷つける心配がほとんどありません。
気になった時にササッと気軽に処理できる方法です。

 

このように比較してみると、「切る」方法が一番肌へのダメージが少ないというのがわかると思います。

 

伸ばしっぱなしやボサボサのアンダーヘアは、適度な長さにカットするだけでとても快適に過ごせます。スポーツ等で汗をかいたり、生理時はムレやすいですが、アンダーヘアを短くすることで不快感は軽減されます。

 

手軽な「切る」方法ですが、ハサミはおすすめできません。
窮屈な部分をケアするので、上手にできないし誤って皮膚を傷つけてしまう可能性もあります。
なによりチクチク感が半端ありません。人前で陰部を掻く羽目になっちゃいます。

 

そんな心配のないのが、ヒートカッター。
毛先が丸く仕上がるので、仕上がりが快適なんです。

 

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

「アンダーヘアケアはじめてセット」の口コミは?

 

「チクチクしないから快適!」
「アンダーヘアが長くてショーツの脇からはみ出やすかったのでハサミでカットしていましたが、チクチクして授業中も気になって仕方がありませんでした。でも、『アンダーヘアケアはじめてセット』を使ってからチクチクしないし、トリートメントでフワフワになって快適です!ちょっと気になったらすぐにお手入れ出来るので、思い切って購入して良かったです!」

 

「親にもバレずにお小遣いで購入できました♪」
「ある日、下着のまま体育座りを家でしていたら、思いっきり自分のアンダーヘアがはみ出していてびっくり!剃るのは怖かったのでヒートカッターを探したのですが、量販店で買うのも恥ずかしく、ネットで『アンダーヘアケアはじめてセット』を見つけて購入しました。商品は『化粧品』で届けてくれたので、親にもバレずに自分のお小遣いで買えたので良かったです!10本位まとめてカットできるので処理時間も早いし、専用トリートメントの香りがとても良く、堅い毛もフワッとなるので毎日使ってます!」

 

「修学旅行で見られても恥ずかしくなかったです」」
「中1の頃にはアンダーヘアがびっしり生えていて、修学旅行のお風呂で見られるのが恥ずかしくて、とても嫌だなと思っていました。それで、みんなはどうしているのか気になってネットで色々調べたら、ヒートカッターを使う方法が良いとわかり、『アンダーヘアケアはじめてセット』を購入してみました。使ってみるとコームがあるので思ったよりも簡単で綺麗にカットできて、見た目もスッキリしました!おかげで気持ちも楽になり、修学旅行も思いっきり楽しめました。」

 

はじめて使った方も、迷うことなく、使ったあとも好評のようですね。

 

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

毛量が多い、スピーディに処理したいときは

 

「アンダーヘアケアはじめてセット」についているのは、少々コンパクトなヒートカッター。
アンダーの毛は人によって毛量が多かったり剛毛だったりします。小さいサイズだとケアの時間がかなりかかってしまうことも...。

 

そんなときに使ってほしいのが、ビキニラインケア専用の充電式ヒートカッター『Vライントリマー フローラ』です。

 

Vライントリマー フローラってどんな商品?

 

『Vライントリマー フローラ』は、くし部分が広く『アンダーヘアケアはじめてセット』のトリマーよりも一度に多く処理ができます。
充電式なので堅い毛もしっかりカットができてチクチク感もなく、ショーツからの突き出しも気にならなくなります。

 

価格は8,200円(税別)とやや高めですが、毛量や堅い毛もスムーズに処理してくれるので、ケア時間が大幅に短縮されるんです。

 

Vライントリマー フローラの口コミは?

 

「剛毛のアンダーヘアにオススメです」
「私は毛質が堅い方でアンダーヘアがゴワゴワしている感じが不快だったので、剛毛でも一度に沢山処理できる『Vライントリマー フローラ』を選びました。今迄は生理の時はムレや臭いもきつかったのですが、『Vライントリマー フローラ』でアンダーヘアを処理し始めてから、生理や汗をかいた時のムレや臭いが軽くなりました。」

 

「毛量の多い悩みも解決できました!」
「付き合っている彼に「割と下の毛の量が多いね」と言われてからアンダーヘアが気になりだしました。それ以降、ショーツからはみ出していないかいつも気になって、ヒートカッターで処理し始めました。最初に購入したものは処理できる量が少なくて時間がかかっていたので、『Vライントリマー フローラ』に買い替えました。多少お値段は高めですが、一度に処理できる量が多いので面倒さが軽減され、定期的にケアするようになりました。彼も喜んでくれましたよ。」

 

「失敗しないから安心です!」
「アンダーヘアがとても毛深いので、自分でカットするといつもまばらになってしまっていました。でも、『Vライントリマー フローラ』は機械を肌に沿うようにしてカットできるので、長さが揃って失敗せず、短かすぎず綺麗に仕上がります。一度に30本位まとめて処理できるのも嬉しいですね。カットした後はチクチクすることもなく、下着からはみ出る心配も無くなりました。」

 

人より毛の量が多いかも、というかたには、こちらのほうがむいているようですね。
ケアの時間って意外にかかるもの。
ハイパワーのヒートカッターなら、わずらわしく思うことがないから、こまめにケアできるのではないでしょうか?

 

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

まとめ

 

アンダーヘアの正しいケアの方法はお分かりいただけましたか?
相談しにくい、アンダーの悩みだからこそ、正しい方法でトラブルなくケアしたいもの。

 

LCラブコスメのヒートカッターなら、お手頃価格で誰にも知られず購入できて、キレイにケアできます。
繰り返し使えるので、長い目でみるとコスパも抜群。
初心者にも使いやすい工夫もいっぱいでした。

 

正しい方法で見えないところもキレイにしておくと、自分に自信が持てるようにもなりますね!
ヒートカッター、ぜひ使ってみてください。

アンダーヘア,中学生,ムダ毛処理,

更新履歴